本文へスキップ

i.Bou-GHSは製品の成分を入力するだけで、GHSに対応したMSDSを作成できるソフトです。

i.Bou 製品紹介i.Bou 日本市場版




【 i.Bou-GHS 構造 】


i.Bou 日本市場版 特徴 その1

■ @国連発行 GHS第四版に対応、
AJISZ 7253-2012 GHSに基づく化学品のラベル、SDSに関する規定に適合
BJISZ 7252-2009 GHSに基づく化学物質の分類方法に関する規定に適合

■ SDSとラベルの作成に関しては、「毒物及び劇物取締法」、「労働安全衛生法」、「化学物質管理促進法」、
「消防法」、「化審法」、「危険物船舶運送及び貯蔵規則」、「航空法施行規則」等の日本の法律の要求を
満たしています。

■ 危険性分類のアルゴリズムは、国連のGHSに従い、且つ日本の塗料工業会発行のGHS対応MSDS/
ラベル作成ガイドブックを参考にしています。

■ 危険性の分類判定は、混合物の全成分または一部の成分について、既知のGHS情報がある場合の、
混合物危険性判定法を採用しており、つなぎの原則には対応していません。

■ このソフトに特に適しているのは塗料、溶剤、添加剤、油剤などの化学反応を伴わない混合物です。

■ SDSとラベルの作成は、日本語に対応、UIFも日本語に対応しています。

i.Bou 日本市場版 特徴 その2

■ 分類の基礎となる成分のデータベースは、日本政府の独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の
最新の分類データ2,450物質をベースに、毒劇物取締法、労働安全衛生法、化学物質管理促進法、化審法の化学物質を
合わせ約4000物質を搭載しています。


■ i.Bou-GHSをインストールするパソコンの多様性に合わせて、32ビット版と64ビット版を用意しています。

■ SDSとGHSラベルは、エクセルで自動作成されます。従ってエクセル上で内容を容易に変更することができます。

■ 成分のGHS分類判定の変更、原材料、中間品、製品の配合比の変更などに対応するため、SDSとラベルは
バージョン管理ができます。

■ 担当者が作成したGHSラベルとSDSは、上級管理職の審査を合格して初めてプリントが可能になる業務フローを
組み込んでいます。

■ 製品の危険性自動分類は、判定のためのデータが完全に入力されていれば、物理化学危険性の一部
(支燃性/酸化性ガス、 引火性液体、 有機過酸化物)及び健康・環境の危険性の全てが可能です。

i.Bou 日本市場版 自動作成されるSDSの内容−1 

■ 入力された内容に基づき、GHSで規定されたSDSのフォーマットに従い、項目1から項目16までを自動作成する

■ 日本の適用法令の表示項目:
  SDS項目3 成分/組成情報の欄に化学物質管理促進法該当成分、労働安全衛生法の通知すべき有害物に該当する成分及び表示すべき有害物に該当する成分、毒劇法該当成分を明記する。

  SDS項目15 適用法令の欄に、毒劇法、労働安全衛生法、化学物質管理促進法、消防法、化審法、危険物船舶運送及び貯蔵規則、航空法施行規則に該当するかどうかを自動で判定し、該当する場合はその詳細を表示する。

i.Bou 日本市場版 自動作成されるGHSラベルの内容−1

■ GHSで規定された有害性の絵表示、注意喚起語、危険有害性情報、注意書き、化学品の名称

■ 試作品番号、製品番号、ロット番号、入れ目、生産日、使用期限

■ 
毒物及び劇物取締法に基づいて、製品に含有する成分とその含有率から、その製品が医薬用外毒物か
医薬用外毒物かを自動判定して、下記の表示と、該当する成分名とその含有率を表示する。




また、製品が毒劇法第12条2項4や第12条2項3に該当する場合は、同法で指定された注意書きを表示する。

i.Bou 日本市場版 自動作成されるGHSラベルの内容−2

■ 労働安全衛生法に基づいて、製品に含有する成分とその含有率から、その成分が労働安全衛生法第57条の
表示義務対象かどうかを自動判定して、該当する成分名を表示する。


■ 消防法に基づいて、注意事項、危険物種類、消防法区分、危険等級、危険物性質を表示する。

■ 
国連番号、指針番号、国連輸送名を表示する。






ソフトウェアを購入時にアップデートサポート1年間を必ず購入していただきます。
2年目以降のアップデートサポートも、継続購入していただく事が原則です。

アップデートサポートの内容


 市場の要求や法律の改正(有害物質の指定入れ替え、追加など)、規格(JIS他)の改正などに伴うデータベース、
プログラムのアップデート、法律などの変更の監視、バグ修正、アップデートサーバの管理、代理店が解決できない
ユーザ様からの質問に対しメールでの返答など。*注1

アップデートサポート料金については、販売代理店にお問い合わせください。

*注1:アップデートサポート以外に、バージョンアップがございます。
バージョンアップとは、従来の法律や規格の大幅変更や、新規法律や規格の施行に伴うデータベースやプログラムの
大幅変更の事です。該当事項の発生時に別途料金を設定し、バージョンアップをご希望のお客様には、
バージョンアップ料金として別課金させていただきます。


企業情報

サービス一覧

華日遠東グループ

弊社は、北京・天津・香港に会社を設立しており、日系・欧米系の外資企業に
ITサービスを提供しております 本社HP

連絡先:メール:hatanaka@asia-concord.com
    電話 :ご契約後、ご案内いたします
  スカイプ :ご契約後、ご案内いたします


日本エレクトロニクス工業株式会社

「業務ラベル印刷システム」を構成する各種プリンター及びソフトウェアを中心に国内外に向けて
開発・製造・販売をしております HPは こちら より     

FlasProv4ML の詳しい説明は【サポート】→【製品カタログ ダウンロード】→【FlasProv4ML (多言語版)】を
ご参照ください

バナースペース

華日遠東グループ

中国 北京市朝陽区百子湾路16号后現代城14号楼B703室

TEL 022-2668-3168
本社HP